95

G.D は、95 年におよぶ成功の歴史を祝います

G.D は、当初からイノベーションに関心を持ち、プロセスに配慮し、顧客のニーズを満たせるようなソリューションを模索しつつ、研究開発を会社の活動の中心に据えてきました。

近年では、たばこ市場は革新的な製品を開発する機会に恵まれ、G.D は経験と最新技術を駆使したオートメーション機械に新しいコンセプトを誕生させました。

しかし、G.D が現在のように大きく成長したことを振り返るためには、過去の足跡をたどる必要があるでしょう。

歴史の始まりは何年もさかのぼらなければなりません。ギラルディ氏とダッローリオ氏が経営していた小さな工場から生まれ、長年にもわたって培ってきた経験とゆるぎない基盤を現在でも大切にしています。その後の経営者となるエンツォ・セラーニョリ氏によりこの工場は引き継がれ、彼のいとこであるアリオスト氏と一緒にこの作業場をイタリア発のパッケージング業界の歴史の出発点となるよう大きく成長させることに寄与しました。

その後、60年代には G.D はたばこ産業に進出します。革命的なセロハン包装機 4350 を投入し、誰もが認める世界のリーダー企業に成長しました。

90年代に入るとメーカーと統合させることで、たばこ製造用機械では独占的な国際企業にまで発展しました。煙草の生産および包装、フィルター、煙草の他の製品や特殊製品のの製造で幅広い製品群の開発に取り組んできました。

現在、研究開発は G.D の企業活動の中心的な役割を果たしています。お客様のニーズを満たし、増加の一途をたどる世界的な産業界からの要求に沿う新しい方法を模索しながら、従来のプロセスを完全に覆し、他の産業分野で適用されているソリューションを取り入れるよう取り組んでいます。

See all news Comas の株式の過半数を取得