history_header

沿革

技術により歴史を築いてきた当社の未来を導くのは、革新です

2010 2017

2017年 - Molins社とCerulean社の買収を経て器械分野に関する事業を拡大し、タバコ関連商品の製造機械の市場を率いる企業としての地位を確立。

2015年 - 液体ベースの電子タバコからマルチセグメントのものまで幅広く対応するフレキシブルなプラットフォームを武器に、新世代商品の市場に参入。

2011年 - SASIB社を買収。商品ラインの拡大戦略において、さらなる一歩を踏み出すこととなる。

2011-2017
h1000

2000 2010

2001年、「H1000」により再度市場に革新を起こす。「H1000」は連続モーションによる初めてのヒンジリッド型パッケージ用自動包装機であり、包装機「121P」と併用することで、1分あたり20,000本の紙巻きタバコの全生産ラインを終えることができる。また、初のダブルフィルター包装機「DF10」、およびフィルターコンバイナー「FC8」」もってフィルターの分野にも進出。

1990 2000

初の紙巻きタバコ包装機をリリース。

1990
1970

1970 1990

柔らかいヒンジリッド型の紙巻きタバコ用パッケージを作ることを目的とした、初めての高速度包装機「X1」と「X2」をリリース。

1960 1970

G.Dがタバコ業界に参入。革新的な収縮包装機「4350」を発表することで、圧倒的にタバコ産業界を率いる存在となる。

1960
1939-1950

1939 1950

エンツォ・セラニョリ氏が代表取締役に就任。お菓子と石鹸類の産業向けの包装機の製造へと事業内容を移行。同じく同社に入社したアリオスト・セラニョリ氏の力により、革新的な自動機械が幅広く展開されるようになる。

1923

1923年 - イタリアのボローニャに、モーターバイク製造業者としてG.D 社創立。後に、長期にわたって伝統を築き上げる企業となる。

1923